節目を意識すると運気も上がる?!二十四節気を意識した生活。

二十四節気(にじゅうしせっき)とは?

二十四節気とは1年を24分割したものです。

最も昼の長い日を夏至
最も昼の短い日を冬至
昼と夜の長さが同じ日を春分・秋分
として、それぞれを春夏秋冬の中心に据えることで、季節を決めた暦です。

もともとは古代中国で農業の目安として作られた暦です。春秋戦国時代(紀元前770~221辺り)黄河流域で作られたと言われます。

日本では平安時代から使われている暦です。

立春(りっしゅん) 1月節  2月4日頃 春の始まり
雨水(うすい)   1月中  2月19日頃 雨が大地を潤す
啓蟄(けいちつ) 2月節  3月5日頃 虫が出てくる
春分(しゅんぶん) 2月中  3月21日頃 春の中間
清明(せいめい)  3月節  4月5日頃 明るく清らか
穀雨(こくう)   3月中  4月20日頃 雨が穀物を育てる

立夏(りっか)    4月節  5月5日頃 夏の始まり
小満(しょうまん) 4月中  5月21日頃 作物が実り始める
芒種(ぼうしゅ)   5月節  6月6日頃 稲などの種をまく
夏至(げし)      5月中  6月21日頃 夏の頂点
小暑(しょうしょ) 6月節  7月7日頃 炎熱に向かう
大暑(たいしょ)   6月中  7月23日頃 炎熱の時期

立秋(りっしゅう)  7月節  8月8日頃 秋の始まり
処暑(しょしょ)    7月中  8月23日頃 暑さが止む
白露(はくろ)     8月節  9月8日頃 露が見え始める
秋分(しゅうぶん)   8月中  9月23日頃 秋の中間
寒露(かんろ)     9月節  10月8日頃 露に寒さを感じる
霜降(そうこう)    9月中  10月24日頃 霜が降る

立冬(りっとう)  10月節 11月7日頃 冬の始まり
小雪(しょうせつ) 10月中 11月22日頃 雪が見え始める
大雪(たいせつ)   11月節 12月7日頃 雪が盛んに降る
冬至(とうじ)    11月中 12月21日頃 冬の頂点
小寒(しょうかん) 12月節 1月5日頃 最も寒い頃の始まり
大寒(だいかん)  12月中 1月21日頃 最も寒い時期

二十四節気を意識した生活を送るということは、自然と暦を意識することになります。それぞれの時期に、それぞれの旬の食材を生かし、食生活に取り入れていくと、健康面にもプラスになります。

そういったことも、これから調べて追記していこうと思っています。
暦のエネルギーを使って、開運体質になっていけたらいいですね!

関連記事

  1. 2018年獅子座新月にいて、タロット1枚引きをしました!

  2. 2018年水瓶座満月タロット1枚引きリーディング!