知っておきたい日本の祝日(祝祭日)と皇紀年度

かつて「国民の祝日」は「祝祭日」と呼ばれていました。

これは、皇室や日本の伝統文化に基づいたお祭りの日や
お祝いの日のことを指している日です。

かつては、皇室の祭典を、私たち国民も
一緒にお祝いしていたのです。

しかし、昭和23年(1948年)に作られた
「国民の祝日に関する法律」で名称が
ガラッと変わってしまいました。

これは天皇陛下と国民の結びつきが
強くなることや、日本の「祈りの力」を
遅れていたGHQが、戦後に「祝祭日」を
なくそうとしたのがその原因です。

日本側は、なんとかこれを残そうとして
祝祭日の「呼び方を変えて」今日に至っています。

ただ単に「休みだばんざーい!」ではなく
その祝日の1つ1つに意味があるのです。

昔の祭日の基本は「お祭り」

主要な祝日と祝祭日を照らし合わせてみましょう。

祝祭日名日付祝祭日名(宮中祭祀)
元旦1月1日四方節
建国記念日2月11日紀元節祭
天皇誕生日2月23日今上天皇誕生日
春分の日3月19日〜21日春季皇霊祭
昭和の日4月29日昭和天皇誕生日
秋分の日9月22日〜24日秋季皇霊祭
文化の日11月3日明治天皇誕生日
勤労感謝の日11月23日新嘗(にいなめ)祭

縁起の良い暦について

  • 一粒万倍日
  • 天赦日
  • 寅の日
  • 巳の日
  • 天恩日

and more

皇紀について

皇紀とは、
初代天皇である神武天皇が
即位したとされる年を
元年とする日本の紀年法です。

日本では明治5年(1872年)に
神武天皇即位紀元を制定するまでは、
紀年法として元号や干支を使用していました。

しかし、西洋に倣って
暦法を太陰太陽暦から、太陽暦に
改暦をしたことで
神武天皇御即位を起源とする
神武天皇即位紀元が制定されました。

現在では
皇紀は、第二次世界大戦敗戦後の
昭和23年・1948年に廃止されたため
ほとんど使われていません。

暦に関しては
いくつも言いたいことがあるのですが
ひとまずおいておいて。

年号と西暦と皇紀をまとめました。

年号西暦皇紀
紀元前660年皇紀元年
令和3年2021年2681年
令和4年2022年2682年
令和5年2023年2683年
令和6年2024年2684年
令和7年2025年2685年
令和8年2026年2686年
令和9年2027年2687年
令和10年2028年2688年
令和11年2029年2689年
令和12年2030年2690年
令和13年2031年2691年
令和14年2032年2692年

関連記事

  1. 新型コロナウイルス感染拡大による政府の緊急事態宣言における当サロンの対…

  2. 新型コロナウイルス感染拡大による政府の緊急事態宣言における当サロンの対…

  3. お金が舞い込む場所にされている工夫を仕込むと、金運アップは簡単に出来る…

  4. 新型コロナウイルス感染拡大による政府の緊急事態宣言における当サロンの対…

サロンオススメメニュー

  1. 登録されている記事はございません。